« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

ヒロシマとピースツーリズム

広島市は徒歩や自転車、バスなどで平和関連施設をめぐるルートをネットで紹介するピースツーリズムを行っています。スマホ片手に広島市内を回ってもらおうというものです。ピースツーリズムは一般の観光と何が違うのでしょう。ピースツーリズムを一言でいうと「考える観光」です。

 

去る7月20日に広島国際会議場で広島大学平和センター主催の「2019年度国際シンポジウム」が開催されました。テーマは「HIROSHIMAとピースツーリズム」です。国内外から研究者が来られ、様々な角度からピースツーリズムに関する話題が提供されました。

 

ヒロシマに来る観光客に関して、観光サイト「トリップアドバイザー」の口コミを分析された先生がおられました。広島に来る観光客にとって平和記念資料館や平和公園は「考える場所」だといいます。観光に来たのに現地に来たら見方が変わったというのです。平和について考えたのです。口コミは英語つまり外国人観光客でも日本人観光客でも同じ結果だったそうです。

 

また韓国の大学の先生は朝鮮半島の非武装地帯観光について話されました。当初、韓国政府は国民に対し保安意識を持たせるために安保観光を始めたそうです。北朝鮮が掘ったトンネルを見せ、そして北朝鮮の様子を見せるために展望台を設けたのです。果たして韓国の国民がその非武装地帯の観光地に行って何を感じたかというと、韓国政府の意図とは全く違うものでした。先生は「現状を見ながら、違う考え方をする。過去を見ながら暴力ではないものを見る。韓国の市民は考えるようになった。そこにある建物を見るのではなく、動員された人を見、声を聞くのだ。人々は和解と平和を見出した」と話されました。韓国国民の目に映った非武装地帯は北朝鮮の人たちは敵ではないということでした。現在の非武装地帯の目玉は丹頂鶴だといいます。人が住まないのが原因かどうかは分かりませんが、野生の丹頂鶴の生息地となっているため、鶴の生態を見るための公園が整備されたのだそうです。丹頂鶴が優雅に舞う光景はさらに平和意識を持たせる場所に変わっていったのです。

ピースツーリズムは歴史を目の前に見ながら、過去を感じ、未来を考えるツアーと言ってもいいかもしれません。

 

広島を訪れる外国人観光客は年々右肩上がりに増加しています。最近は市内の被爆樹や戦争遺跡を回るツアーにも外国人観光客からの関心が集まっているようです。被爆樹や戦争遺跡に触れると、そこに被爆前の人々の生活を感じることができます。ヒロシマのピースツーリズムは被爆者に会って話さなくても、被爆者の気持ちや体験を感じ取ることができる貴重な旅なのです。

 

そしてこれが一番大事なことなのですが、ピースツーリズムでは、観光客と被爆者の心の出会いが生まれます。なぜなら観光客が広島の過去を通じて平和や戦争を考え、自分たちの国の平和について考えた時、被爆者はヒロシマの心が伝わったと感じるからです。観光客は被爆者と会っていなくても、ヒロシマで自国の平和を考えた時、被爆者の心と触れ合ったも同然なのです。

 

 

 

|

2019年7月17日 (水)

86の広島からの平和宣言に注目です

蝉が鳴きはじめました。そしてもうすぐ今年もあの日がやってきます。8月6日の平和記念式典です。毎年読み上げられる広島市長による平和宣言は注目されていますが、今年は特に関心を集めています。というのも、日本政府に対して、核兵器禁止条約の署名・批准を求める文言を盛り込む方針であることが分かったからです。

平和宣言は核兵器廃絶と恒久平和への願いを世界に向けて発信するメッセージです。そこには広島市民、被爆者の思いと願いが込められています。広島市のHPによると、広島市民の平和への願いから1947年から平和祭が行われることになり、式典の中で浜井信三市長が平和宣言を行ったことが始まりのようです。

歴代の広島市長は時代に合わせながら、ご自身の思いも込めて文言を作ってきました。特に1991年の平岡敬市長の平和宣言は画期的な内容でした。日本の侵略戦争と植民地の人々への謝罪が含まれたものとなったからです。「日本はかつての植民地支配や戦争で、アジア・太平洋地域の人々に、大きな苦しみと悲しみを与えた。私たちは、そのことを申し訳なく思う」との言葉には、平岡市長ご自身が関わってこられた数多くの朝鮮半島の被爆者たちへの思いが込められていたと思います。

今年の平和宣言に関しては被爆者団体や反核団体などが松井市長に対し、核兵器禁止条約の署名・批准を日本政府に求めるよう強く要望していました。7月13日の中国新聞によると「1日も早い廃絶を目指して禁止条約を推進する被爆者たちの声を重んじ、政府による署名・批准を「被爆者の思い」と明言する方向。」と書かれていました。12日には有識者や被爆者の懇談会において文案が了承されたということなので、内容はほぼ決定されているということでしょう。1945年から74年間、被爆者が願い続けてきた核廃絶禁止条約が発効されようとしているのです。被爆地である広島市長が平和宣言で言わないでいつ言うのかと思います。

 

浜井信三市長の初めての平和宣言をご紹介して、今回は終わりたいと思います。

「今われわれが為すべきことは全身全霊をあげて平和への道を邁進し、もって新しい文明へのさきがけとなることでなければならない。この地上より戦争の恐怖と罪悪とを抹殺して真実の平和を確立しよう。ここに平和塔の下、われわれはかくのごとく平和を宣言する」。

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »