« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月29日 (月)

「被爆者はどこにいても被爆者だ」朝鮮半島被爆者の支援者集会に参加してきました

韓国の原爆被害者を救援する市民の会・広島支部主催の「被爆者はどこにいても被爆者だ」が先週25日に市内で開催されました。これは先日リニューアルオープンした広島の原爆資料館に韓国の被爆者・郭貴勲さんが資料を提供し、来広することになっていたため、郭貴勲さんに記念講演をしていただこうと企画されたものでした。しかし残念ながら、郭さんのお体の大事をとって来日はならず、当日はビデオレターでの講演となりました。集会は大盛況で、大勢の方が参加されました。今回は集会の様子をご紹介します。

 

会は2部構成になっており、1部では郭貴勲さんのビデオレター、2部は韓国の原爆被害者を救援する市民の会・会長の市場淳子さんによる「在韓被爆者の現状について」、在朝被爆者支援連絡会議・役員の金子哲夫さんによる「在朝被爆者の現状について」、それぞれ講演がありました。

 

ビデオレターでは郭貴勲さんが流暢な日本語でお話をされていました。徴兵され被爆して帰国するまでの体験が、まるで昨日のことのようによどみなく語られ、被害者にとっての経験は歳月とは無縁のものなのかもしれないと感じました。郭貴勲さんの御見事な日本語はよく存じ上げていますが、日頃、日本語を使う機会がほとんどないはずなのに、お変わりなく流暢で本当に驚きました。

 

2部での市場淳子さんのお話は韓国の原爆被害者を救援する市民の会(以下、市民の会)の活動についてでした。市民の会の設立目的は「韓国の被害者支援」「日本政府に植民地支配の謝罪と賠償をさせること」だったといいます。加えて「日本社会において、日本政府が植民地支配の反省をしないことを認識させること」でした。在韓被爆者支援の一環として裁判を行い、裁判で勝ち取った末に日本からの支援を受けることができるようになりましたが、まだ「謝罪と賠償」は残っています。市場さんは「初心に立ち返って運動をしていかなければいけない」と締めくくりました。

 

金子哲夫さんによる「在朝被爆者の現状について」では、昨年の訪朝報告と厚生労働省との交渉について話されていました。在朝被爆者支援連絡会議は去る4月22日、厚生労働省に対し在朝被爆者支援について要望を行いました。要望内容は在朝被爆者について「日本政府が無策であったことへの謝罪と基本的な方策を明らかにすること」や、「人道上の立場から緊急の方策を講じること」などで、北朝鮮政府との協議を求めました。しかし厚生労働省の回答は、「北朝鮮に居住している被爆者であっても被爆者援護法が適用されている」ということでした。確かに中国の北朝鮮領事館を介せば、手帳申請や手当申請ができるかもしれません。しかしそれができないため、在朝被爆者支援連絡会議ができ、日本から政府に要望しているのです。金子さんは「厚労省は国交断絶のことをいうが、人道支援であれば援護法に関係なく支援できるはずだ。共和国の被爆者の願いも被爆者援護法の適用ではなく、人道的支援なのだ。今までも施行規則の中でやってきているので、変えようと思えば変えられる」と、日本政府の柔軟な対応を強く訴えていました。

 

熱心に話を聞く方々の姿に、このように歴史の事実を知ろうとする方々がすこしずつ増えれば、日韓関係も変わってくるのではないかと感じます。またこうした集会を韓国でも行うことができれば、何か新たな道も見えてくるかもしれないと思いました。

 

 

 

|

2019年4月 9日 (火)

日韓で被爆者の歴史の共有を。市民が国境を越え新しく日韓の団体結成。

日韓の関係は政治的には混迷混乱が続き、なかなか収束に向かいそうにありません。せめて互いの国民同士はよい関係を築きたいと思うのですが、ネットでの感情的な意見を見ると、簡単にはいかないように感じてしまいます。実際に韓国人とつきあったことがあるのか、お話ししたことがあるのか疑問に感じることもしばしばあります。私が今まで出会った韓国の方々は人情が厚く面倒見がよくて、おつきあいすると楽しい方たちばかりでした。韓国に行って、嫌な体験はほとんどなく、むしろお世話になることが多かったというのが私の経験です。ですからまず韓国の方とつきあってみる、会って話してみることが理解の第一歩だと感じます。

私がお世話になっている「韓国の原爆被害者を救援する市民の会広島支部(以下、市民の会)」は今月19日、韓国の被爆者団体である「韓国原爆被害者協会大邱支部」と交流団体を作ることが分かりました。市民の会は韓国原爆被害者協会と40年来のつきあいがあり、在韓被爆者が来日した際のお世話や被爆者手帳申請のお手伝いをしたり、在韓被爆者裁判では全面支援を行うなど、深いつながりがあります。在韓被爆者裁判の結果、被爆者援護法における在外被爆者と日本在住被爆者との差がほとんどなくなり、まだ課題は残りますが市民の会としては大きな役割が一段落したところでした。そこで以前から韓国と姉妹提携を結ぼうと言う話が出ており、今回の4月の訪韓で新しく団体を作ろうということになったようです。

残念ながら私は参加できませんが、広島からは10人程度、韓国では30人程度が参加し、集会や交流会などを開くようです。広島側にも日本人や在日コリアンの被爆者がおられます。被爆体験の共有や継承、被爆者問題など、日韓の被爆者や支援者が互いの知識の交換をするようです。

日本と韓国の歴史が重なる被爆者の証言は日韓にとって、とても貴重なものです。被爆者の平均年齢は日本では82歳、韓国でも79歳と被爆時は幼い方が多くなり、被爆証言ができる方々が少なくなってきています。さらに被爆者数も年々少なくなっています。こうした中、市民同士がつながり経験を共有し広げていくことは、まさに日韓の歴史の共有になります。地道ですがこういった活動が今後の日韓の歴史を伝えていくなかで重要になっていくと思いますし、互いの誤解を解いていく一助になっていくと思います。市民の会の皆様どうかお気をつけて行ってらしてください。

|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »