« 集会で感じたこと~韓国での裁判などについて | トップページ | 無言の語り部たち①~旧陸軍被服支廠の再利用 »

2019年2月26日 (火)

被爆2世裁判でのこと

去る2月12日、広島地裁で被爆2世裁判の7回目の口頭弁論がありました。原告側から準備書面が出され、国側から出された書面の反論がなされました。弁護団の話しでは、このように裁判が長引くことは通常はないようです。被告である国が書面を準備する時間をしっかりと設けていることで長引いているようです。被爆2世への遺伝的影響について否定する科学的根拠を調べているようですので、今後裁判で何か明らかになることがでてくるかもしれません。科学的根拠が判明すれば、それは2世にとっても嬉しい知らせになります。

裁判終了後の報告会では原告から自分たちの体験談も話されました。生まれてすぐ亡くなった兄弟がいる、若い時に死んだ2世がいるといった身近な経験が次々と出てきました。広島や長崎のような被爆地にいると、被爆者や被爆2世があまりに多すぎて当たり前になっていることが、実は当たり前ではないということも考えられます。裁判とは関係なく、2世の具体的な体験を数多く集めることも、今後の課題となってくるのではないでしょうか。

2世裁判とは直接関係のない話ですが、気になったことを一つ。前回から広島の裁判所に入る際、入念なセキュリティーチェックが入るようになりました。航空会社のようなゲートと金属探知機での身体検査です。この度、次のようなことがありました。ペースメーカーをしている方が、事前の申請通り別の場所から入ろうとした際に体に金属探知機をあてられたのです。事前に申請をさせているということは裁判所は知っているということです。にも関わらず、こうしたことが起こりました。一歩間違えば身体に影響が出る大きな問題です。また歩行が困難な原告は法廷まで行くために、非常に辛い思いをして行くことになりました。なぜなら入り口が1カ所になってしまったために、遠回りを強いられているからです。その方は足の痛みをこらえながら必死に法廷に向かいました。裁判中に刃物を持ち込んだという例があり、こうしたセキュリティーチェックは必要なのかもしれませんが、利用者の身体に苦痛をもたらされるようなことがあっていいとはいえないと思います。今後も裁判は続き、傍聴する方も気を付けなければいけません。効率だけを考えるのではなく、もっと利用者の身になったセキュリティーチェックはできないものでしょうか。

 

 

|

« 集会で感じたこと~韓国での裁判などについて | トップページ | 無言の語り部たち①~旧陸軍被服支廠の再利用 »

在韓被爆者・被爆者」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被爆2世裁判でのこと:

« 集会で感じたこと~韓国での裁判などについて | トップページ | 無言の語り部たち①~旧陸軍被服支廠の再利用 »