« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月28日 (月)

学習会「戦後処理、日本はどのように解決できるか」

新年に入り今月14日には日本軍「慰安婦」問題解決ひろしまネットワーク主催の学習会「戦後処理、日本はどのように解決できるか」が行われました。講師には強制動員真相究明ネットワーク事務局次長で日本軍「慰安婦」問題解決全国行動資料チームメンバーの小林久公さんが来られました。この会場も補助席が出て、歩く隙間もないほど大勢の人が参加していました。講演では長年、強制動員問題に関わってこられた小林さんならではの情報が多く、私自身、分からなかった部分を補うことができました。日韓条約について私はきちんと勉強してこなったので、あらためて勉強しなければいけないと思いました。

 

小林久公さんのお話『日本政府は歴史的事実の認定をすることが大事だ。まず被害者の被害に向き合うこと。事実認定は研究者や市民など色々な人が調べているから、日本政府が認めればすぐに解決できるはずだ。被害者が望む解決法をすればいい。日韓条約では、日本政府の立場は外交保護権は消滅しているが、個人の請求権は消滅していないということだ。しかし個人の財産権については日本国内の立法で処理することにしている。韓国人の財産請求権措置法だ。これは韓国人の財産、つまり供託金や郵便局の預金などが「韓国人であると確認できたら、その財産は預かっている人のものになる」というものだ。この立法は日韓条約の年に制定された。またこの立法では精神的な苦痛にはふれていない。そもそも個人の損害をその国を通して請求すべきという日本政府の考えは古い考え方だ。現在の法の解釈は違う。日本の運動家は以前「強制連行」という言葉を使っていたが、今は「強制動員」にしている。そもそも日本の植民地支配そのものが合法といえるものだったのか。日本側の市民運動家もこれまで取り組んできていなかった。日本社会は植民地支配について、悪いことであったという認識をつくっていくことが必要だ。』

 

他の分野と同様に歴史に対する研究も日々進んでいきます。若い研究者や他の分野の研究者も関心を持っているからです。そして歴史に対する考え方や表現などが時代によっても変わってきます。こうした研究などをふまえ、過去の事実を日韓両方で突き合わせていくことがこれから必要なのではないかと思います。それは簡単なことではないし時間もかかるでしょう。しかし何十年かかっても、やり遂げなければいけないことなのではないでしょうか。そして一番大事なのが、この事実を日韓両方の国民が知ることです。私自身も注視していかなければいけません。

| | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

2019年、日韓関係はどこへ向かうのでしょうか

私は広島に来て今年で19年目になりますが、これほど日韓関係が悪かったことはないと感じていますし、また日本人の韓国に対する感情も悪いものばかりが目立って仕方がありません。しかし一方で、若い人の間で起こった韓流は定着し、ポップカルチャーの最前線といった勢いのある人気を得ていることに嬉しさも感じています。わずか2年ほどの間で嫌韓と親韓が水と油のように混じり合うことなく存在している奇妙な状況を目にして、日本人の本音がどこにあるのかを測りかねています。

昨年末から年明けすぐ日本の植民地支配に関する集会が広島市内で次々に行われ会場は超満員でした。こうした集会の場合、知っている方が来られているのが常でしたが、昨年から開催されている集会ではお会いしたことのない方が圧倒的で、朝鮮半島問題に関心を持つ方が多くいらっしゃることを実感しています。来られた方々が集会の何に関心を持ち、何を知り、どう感じたのか。そしてその気持ちをどのような行動で表すのか。いつか聞く機会があれば是非知りたいと思っています。今回から数回に分けて、2つの集会についてご報告します。まずは昨年12月24日に行われた「広島・三菱の強制連行の実態を暴く」からご紹介します。

 

韓国の原爆被害者を救援する市民の会が主催した講演会「広島・三菱の強制連行の実態を暴く」は講師に韓国から許光茂さんを迎えて行われました。許光茂さんは韓国の国の機関に所属して、韓国国内と日本国内で強制動員(いわゆる強制連行のことです)された朝鮮半島の人々の実態を調査された方です。膨大な資料収集に加え、生存者や遺族などから直接聞き取りも行い、日本の強制連行の実態を知る第一人者です。限られた時間の中、流暢な日本語で分かりやすく伝えてくださいました。以下は講演内容です。

 

許光茂さんの話『自分が最初に話を聞いたハラボジ(おじいさん)のことは今でも忘れることはできない。南部の農家の人で国から調査に来たというので緊張していた。片方の耳が空襲で聞こえなくなっていた上に、もう片方も高齢のために聞こえにくかった。そのため筆談となったが話は進まなかった。具体的に話すことができなかったのだ。帰り際、話せない悔しさに涙していた。その後、多くの人と会ったがみんな上手く話せない。私は来日し日本の動員先に行ってみた。ハラボジの気持ちが伝わって来た。ハラボジたちは当時、日本語も分からず、どこの会社に派遣されたかも知らない。自分がどこにいるのか場所も分からない。現場では日本語の達者な朝鮮人が韓国語で指示したため、日本語は必要がなかった。そして「余計なこと言うな」「聞くな」と何も教えてもらえなかったのだ。私は現地に行ってみてハラボジが何も話せない理由を理解した。強制動員は計画的だった。動員先に出身者がだぶらないようになっていた。強制動員は出身者によって反応が違う。例えば東北側から動員された人は山で畑がつくれないため、食べ物に困っていた人たちだった。だから炭坑の仕事はひどいが「3食、食べられた」と言う。しかし南西側からの人は食べ物が豊富な地域で料理も美味しく、畑仕事の合間に簡単な食事をするような習慣のある人たちだったから「3食しかない」と言う。3食では足りないのだ。しかも食事の内容は握り飯1個だ。日本人と同じ量だが感覚が違うのだ。また炭鉱は学歴による動員先の選定があった。炭鉱の仕事は1度働くと逃げるので、逃亡防止のために監禁、虐待が行われた。頭の切れる人は炭坑に行かせず、知識のない人や素朴な人、農民を連れて行った。軍需会社は学歴の高い人が行かされた。日本側としては文句を言わないだろうと考えたように思う。また朝鮮半島内の動員については、本人も周囲も強制連行だと思っていないところがある。海を渡ると強制連行だが、国内は違うと考えているようだ。募集、官斡旋、徴用と言葉は違うが、監禁、虐待、強制労働と現場でやっている中身は同じだ。こうしたことは日本政府や総督府が関わらないとできないし、そもそも朝鮮人は簡単に移動できないようにしていた。あるハラボジは話したあと「すっきりした」と言った。今まで誰も耳を傾けてくれなかったからだ。私(韓国政府)が来たので喜んで話したようだ。日本政府が来て話を聞けば恨みもなかったのではないかと思う。日韓両政府とも話を聞けばと感じる。』

 

 植民地支配により朝鮮半島の人々に対して何が行われたのか。強制動員先で何があったのか。市民レベルでは植民地時代を理解しようとしている人たちが確実にいます。歴史の事実を知る人が増えれば、日韓に横たわる溝も少しは浅くなるのではないかと思っています。

 

| | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »