« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月29日 (木)

戦後、韓国で生き延びた日本人の原爆孤児・友田典弘さん

9歳で原爆孤児となり、その後すぐ朝鮮半島に渡った友田典弘さんの話が1125日、広島市内でありました。友田さんは広島の歴史をみてまわる会主催の「被爆・戦争体験を聞く会」で証言。被爆時や朝鮮半島での生活、日本に再び戻ってくるまでを語り、被爆した場所も訪れました。

小学校4年生の時、友田さんは爆心地500メートル以内の袋町小学校で被爆しました。被爆で家族を亡くし孤児となった友田さんを不憫に思い救ってくれたのが、自宅の2階に下宿していた韓国人の男性・金さんでした。終戦の翌月に金さんと友田さんは渡韓し、ソウルに住むことになりました。当初、自宅に連れて帰ってくれた金さんでしたが、金さんが結婚したあとは友田さんと一緒に暮らすことができなくなりました。友田さんは言葉も分からない外国で再び一人ぼっちになり路上生活を送ることになってしまいました。その後、朝鮮戦争が勃発し逃げまどう日々を送りました。そして偶然の出会いからパン職人の道に進みました。生まれ育った日本に帰りたかった友田さんが再び故郷・広島の地を踏んだのが24歳の時でした。

「韓国語は2年も経ったらぺらぺらに話せるようになった。朝鮮戦争の時には銃弾が撃ち込まれる様子を目撃した」と淡々と語りますが、年端もいかない子供が言葉も文化も違う国で一人で生き、そうした中で戦争という悲劇に見舞われる。どれほど苦しくて寂しくて悲しくて辛かったことか。その苦難は想像するだけで胸が苦しくなります。2時間ばかり話されたのですが、友田さんが1度だけ目頭を押さえた場面がありました。それは韓国で友田さんを助けてくれた韓国人女性・梁さんのことを話そうとした時でした。梁さんは日本語が話せ、友田さんが日本へ帰りたいという願いを叶えてくれた方でした。日本語がうまく書けない友田さんに代わって日本の警察や学校などに帰国を希望する手紙を出してくれたのです。梁さんの手紙のお蔭で友田さんは再び日本に戻ってくることができました。

壮絶なご苦労があったであろうはずなのに、ご経験を淡々と話される友田さんの姿に感服しました。同時に戦時中の日本人と朝鮮半島の方との温かい関係性を知ることができ嬉しくなりました。日本人の子供を韓国に連れていくことはとても勇気のいることだったと思いますが、友田さん一家に対して思いがあったからこそ金さんは友田さんを引き取ったのだと思います。韓国の方の情の深さもあらためて感じました。

ハンチング帽を被り、おしゃれなジャンパーに身を包んだ友田さんは82歳とは思えないほどお若くみえます。これからも機会があればご自身の経験を話したいと言われていました。戦時中、朝鮮半島の方と日本人が仲良く暮らしていた状況もあったのだということを、もっと多くの方に知っていただきたいと思います。

 

 

| | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

防弾少年団(BTS)原爆Tシャツ?解放Tシャツ?BTS騒動で思うこととお願い。

昨日16日の韓国のネット「연합뉴스」に、K―POPグループ・防弾少年団の所属事務所が陜川の韓国原爆被害者協会を尋ね、正式に謝罪したという記事が出ていました。

 

ことの発端は過去に防弾少年団のメンバーが原爆のキノコ雲と日本の植民地支配から解放されて喜ぶ人々の写真がプリントされたTシャツを着ていたことから、日本のテレビ番組への出演が中止になったことでした。着ていたTシャツは「原爆Tシャツ」だという意見もあれば「解放Tシャツ」だという意見もあり、日韓のSNSで物議を醸しました。加えて同グループがナチス親衛隊をイメージする衣装などの着用が過去にあることがわかり、ユダヤ系の人権団体から抗議を受けるなど問題が広がりました。世界的に人気のあるグループだけに、歴史認識問題としてグループのファンやネトウヨ、識者など様々な人々の関心を集め大きな議論になっていました。

 

その後、グループの所属会社がネットで被爆者やユダヤ人の被害者などに公式に状況説明と謝罪の文章を掲載。日本の被団協にも所属事務所の代表が直接訪れ説明と謝罪を行い、被団協側も受け入れたというニュースが流れていました。

 

最近、広島の平和記念公園で外国人による落書きや原爆の不適切な内容のインスタ掲載といったニュースが相次ぎ、被爆地としてやるせない思いが募っていただけに、今回の防弾少年団の一件はとても残念でした。広島の中国新聞では15日付けで「原爆惨禍 希薄な意識 歴史観の溝 指摘も」という見出しの大きな記事で、防弾少年団だけではなく、外国人が起こした原爆に関する騒動をとりあげ背景を探っていました。中国新聞の記事では「原爆犠牲者や戦争の苦しみを共有しようという意識がうすれているのでは」と指摘する識者の言葉が掲載されていました。さらに「外国人だから、という問題にしてはならない」と日本人にも意識を促していました。

 

一方、韓国の「연합뉴스」の記事はなかなか辛辣な内容でした。陜川れたグループの所属事務所関係者して韓国原爆被害者協会側事務所側の謝罪に理解、日本して"방탄소년단 멤버가 입은 티셔츠의 원폭 투하 그림을 문제 삼아 일본이 전범 가해자로서 사죄는커녕 세계 유일의  피해국인 것처럼 코스프레를 한다". 防弾少年団メンバーが着たTシャツの原爆投下の図を問題にして、日本が戦犯の加害者として謝罪どころか世界唯一の核被害国のようにコスプレをする"」という批判を行いました。そして"방탄소년단 소속사의 사과를 혐한, 반한 여론을 조장하는  이용해서도   ""이라고 말하기도 했다.(防弾少年団所属会社謝罪嫌韓、反韓世論助長するのに利用してもならない)」という言葉えました

 

この日韓の差はどこから出てくるのか。日本人の多くは植民地支配を正当化しようとか、原爆での被害者意識を声高に言っているわけではないと思います。それよりご存命の被爆者の方々の辛い思いを分かってほしいということなのだと思います。70年以上たった今でも光が怖いとか、一人でいるのが怖いとか、あの日を思い出したくないという被爆者が大勢いらっしゃるのです。原爆被害は今も継続している現実なのです。

 

一方、韓国ではやはりよく言われているように、原爆投下と日本の敗戦そして植民地からの解放という流れが原爆に対してのイメージであり、原爆の非人道性や被害者への共感など、被害に思いを馳せにくいことが今回の問題を生み出しているのではないかと思います。在韓被爆者は韓国国内でも長い間、表に出にくい存在でした。韓国原爆被害者協会の言葉は日本と韓国の両方で自身が受けてきた悲しみや苦しみがあり、もし植民地になっていなければ広島や長崎で被爆することもなかったという思いがあります。さらに在韓被爆者には戦後50年以上経ってから、ようやく手当関連が受けられるようになった経緯があります。原爆二法、被爆者援護法ができた時点で在外被爆者にも現地で支援が受けられていたら、生活や人生は大きく変わっていたと思います。もし日本政府が在外にいる被爆者のことを考えていたら、ここまで遅れた援護にはならなかったでしょう。さらに毎年8月6日、9日に開催される平和祈念式典などで日本は長い間「日本は唯一の被爆国」と言う言葉を使っていました。韓国原爆被害者協会から「世界唯一の核被害国のようにコスプレする」という厳しい言葉が出るのも仕方がないことかもしれません。

 

韓国原爆被害者協会は「"원폭으로 광복이 됐다는 생각보다는 원폭의 반인류성에 대해 우리 모두 생각해봤으면 한다"(原爆で解放になったと考えるよりは原爆の反人類性に対して私たち皆で考えてみよう)」と、このような言葉をつづけました。

 

原爆投下は市街地で、たった1発の爆弾で数十万人を殺傷した大虐殺行為であったこと。被害者の大多数は子供や女性や高齢者など非戦闘員であったこと。原爆の後障害に苦しむ人々は今現在も大勢おり、その方たちは生涯苦しまなければいけないこと。こうしたことを日本人である私も広島に来るまで実感していませんでした。ですから外国の若い方々ならなおさら知る機会は少ないと思います。私はあのキノコ雲の写真は嫌いです。見るに堪えません。なぜならキノコ雲の下には地獄があり、私が出会った方たちが苦しんでいる姿があるからです。そのことを理解していたら、安易にキノコ雲の写真は使えないと思います。韓国にも大勢の被爆者がいるのですから。どうか防弾少年団の皆さん、ファンの皆さん、被爆者に会って被爆者を理解して、核兵器廃絶を世界に広めてください。あなたたちの声は世界中の若者に届きます。平和な世界を築けます。

 

韓国の記事でも最後に「国内では'原爆Tシャツ'ではなく'光復節Tシャツ'と呼ぶのは問題がないという意見と、原爆を光復(解放)の象徴で使うのは核兵器の非倫理性に鈍感になることにつながるという意見が出てきている」ということを書いていました。残念な機会ではあったけれど、在韓被爆者がおっしゃるとおり、韓国の若者も日本の若者も、世界中の人々が今一度、原爆について、戦争被害について考えてみてはどうかと思います。今回の騒動は失敗ではなく、世界中が被爆者を理解する一歩になればいいのです。

 

 

 

 

 

| | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »