« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月29日 (水)

酷暑の86。今年も様々な方の思いがヒロシマに集まりました

 戦後73年目を迎える今年の8月6日は酷暑でした。広島は連日最高気温が35度を超えました。この暑さに加え豪雨災害もあってか、平和祈念式典の参加者は例年より少なく感じました。今年の86で見聞きしたことをドキュメント風にお伝えします。

 

まず前日8月5日に行われた韓国人原爆犠牲者慰霊祭はテレビ局がほとんど来ていなかったことに驚きました。私は十数年間、この慰霊祭を見ていますが今年ほどテレビ局の取材が来ていない年はなかったように感じます。災害のため取材が被災地に行っている可能性が高いと思いますが、それにしても日本のテレビ局の少なさにびっくりしました。そんな中で今年も韓国のテレビ局は来ており、在日コリアンの被爆者の方々にインタビューをされていました。韓国からどのような思いを持って来日されているのか、韓国国内でどのように放送されているのか、いつも気になっています。いつか機会があれば拝見したいものです。慰霊祭の来賓には国連の軍縮担当上級・中満泉代表がおられました。軍縮担当の方が韓国人被爆者に関心を持っておられることに、興味をひかれました。国連として韓国人被爆者をどう感じておられるのでしょうか。

この日の午後は被爆二世の会の集会もありました。原水禁広島大会の分科会「ひろば被爆二世・三世問題について」です。こちらも例年に比べ参加者が少なく寂しく感じました。しかし二世の方たちの体験や思いをしっかりと聞くことができました。二世運動は被爆者とは違い直接の被害者ではないため、一般には分かりにくい運動だと思います。二世の方が訴えた「二世運動は反戦、反核、反原発、そして二世の国家補償が4つの柱。それが歴史的使命だ」という言葉が強く心に響きました。

 

翌6日は早朝から出かけました。日が昇り暑くなる式典を避け、暗いうちに参拝する方が多いことは聞いていました。この早朝の参拝こそがヒロシマの被爆者や遺族たちの本音なのかもしれないとずっと思っていました。今年初めて早朝の慰霊碑を訪れることにしました。4時半頃、平和公園に着いたのですが、すでにマスコミの方々は取材の真っ最中でした。数多くのテレビカメラや新聞等のカメラが慰霊碑の前で待ち構えていました。マスコミの数に比べ、訪れる参拝客はそう多くはなく、物静かに参拝し帰っていかれます。夜が明けるにしたがって参拝客は次第に少なくなっていきました。マスコミの方からお聞きしたのですがここ数年、早朝の参拝者はめっきり減っているそうです。被爆者の平均年齢は82歳です。外に出ていくにもお辛くなってきておられるのだと思いました。

8時からの平和祈念式典は会場周辺の公園の中で見ていました。広島市内の方よりも国内各地、世界各国から参加されているという感じがするのは例年通りなのですが、ここでも人が少なく思えました。なぜなら式典を写すモニターをラッシュ時の電車のような状況で見るのが常だったのが、今年は隙間が空いていたからです。式では広島県知事の挨拶が印象的でした。核兵器を持つ国々を隣家にしかけた爆弾と比喩した言葉が非常に分かりやすく、世界の薄寒い状況をよく表していると感じました。

実は市内では住民や関係者主催の原爆慰霊祭が各地で行われています。私はなかなか行くことができないのですが、県外の方はご存知ない方もおられるのではないかと思います。機会があれば、是非こうした市民の手作りの慰霊祭も参加されてみてはと思います。表にでることはない広島市民の心根を知ることができるかもしれません。

広島の8月6日は特別な日です。亡くなった方を思い、平和をあらためて実感し、核兵器の廃絶への願いが街に満ち溢れる日です。一人でも多くの方が広島に来られ、あの日、起こったことを感じてほしいと願っています。

 

 

 

| | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

『狂夏の烙印~在韓被爆者になった日から』上映ありがとうございました

 この度は東京、広島、札幌と『狂夏の烙印~在韓被爆者になった日から』を上映してくださり、誠にありがとうございました。

 自身の86関係の撮影があり会場に行くことができたのは広島だけでしたが、後日各地での上映の様子をお聞きしました。各会場とも熱心な話し合いが行われたようで、在韓被爆者に関心を持っておられる方々が多くいらっしゃることに感激しました。各地から出された質問の中から、きちんとお答えできなかったり、皆さんに知っていただければと思うことをいくつかお話ししたいと思います。

 

1・在韓被爆者の存在を知らなかった

 どこの上映会場でも聞くのがこの言葉です。恥ずかしながら私も2000年に広島に来るまでは知りませんでした。軍都廣島を知り初めて在韓被爆者の存在を知ったのです。在韓被爆者の存在を日本社会にいち早く報道した平岡敬・元広島市長ですら「被爆者の報道をし朝鮮人被爆者の存在を本などで読んでいたにも関わらず、在韓被爆者のことは考えてこなかった」旨を8月7日の講演でおしゃっておられました。報道がなかったわけではないのです。私自身は朝鮮半島の方々への無関心がそうさせていたと感じています。被爆者は日本人だけという被害者意識が朝鮮人被爆者や植民地の台湾、その他の外国人被爆者の存在に対して、見てみぬふりをしていたのだと思っています。何度も書いていますが、在韓被爆者の歴史は日本の歴史の1頁でもあります。在韓被爆者の話は私たちが知らない日本の姿を見せてくれるので、私はもっともっと知りたくなるのです。

 

1・在日コリアンへの被爆者援護はどうなっているのか

この質問は在日コリアンの被爆者が、在韓被爆者と同じ立場だと思われるための疑問だと思います。結論からいうと被爆者援護法に国籍条項はないため、どこの国籍でも日本政府が発行する被爆者健康手帳が交付されます。例えば在日コリアンに限って言えば、韓国籍でも朝鮮籍(国籍ではありませんが)でも被爆者だと厚労省が認めれば、被爆者健康手帳が交付され、日本政府からの支援を受けられます。郭貴勲さんが在韓被爆者裁判で勝訴する2002年から在外被爆者でも日本にいる被爆者と同じような援護を徐々に受けられるようになりましたが、在日コリアンの被爆者は日本在住のため最初から援護が受けられています。

 

最後になりましたが、私イトウソノミがどのような活動をしているのかという質問をくださった学生さんがおられました。せっかくの質問に丁寧に答えることができず申し訳ありませんでした。私は2002年から広島と朝鮮半島のつながりをテーマに映像を自主制作で作っています。記録のためです。なぜなら文字としての記録はあるのですが、映像記録はそう多くはなかったからです。前で朝鮮半島の歴史は日本の歴史だと書きました。植民地支配されると具体的に庶民にどのようなことが起こるのか、私は今一つ分かりませんでした。日本に渡ってきた朝鮮半島の人々の生活記録は、個人の身に何がふりかかるのかを具体的に教えてくれます。植民地支配をしてきた日本が何をして、何をしてこなかったを知る大きな手掛かりになります。そして日本人が考えなければいけないことを具体的に提示してくれます。私はそのための記録として映像製作をしています。

 

 

| | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »