« 科学技術と社会倫理の関係を考える~科学技術社会論学会に行きました。 | トップページ | 2017年を振り返って »

2017年12月12日 (火)

サーロー節子さんの演説

広島市南区出身のサーロー節子さんが12月10日、ノーベル平和賞の授賞式で演説を行いました。ノーベル平和賞を受賞したICANと共に活動し、被爆体験を証言してきたサーロー節子さんの演説は聞いていた方々に感動を与えました。演説の途中で何度も拍手があり、中には涙を流している方もいました。終わったあとはスタンディングオベーションを受けました。私は英語がわからないのですが、サーロー節子さんの言葉は迫力があり胸を打ちました。被爆者の願いがそこにありました。72年間の思いが詰まっていました。国や民族を超えて共有できるものでした。

私自身はネットで演説を見ていましたが、できれば地上波もしくはBSででもノーベル平和賞授賞式の様子や演説の全てをテレビ中継してほしかったと思いました。被爆の惨劇の様子、どうやって生き残ってきたのか、家族や友人など大切な人々がどのように死んでいったのか、被爆者がどんな思いで72年もの長い間生きてきたのかを、世界中の人々にどう訴えたのか日本人は知るべきだと思いました。

被爆者がこのように世界に向かって被爆体験を話す機会というのは恐らく初めてではないかと思います。もちろんサーロー節子さんを始め、外国に住む被爆者の方々はその国で被爆証言を行ってきました。しかしノーベル賞の授賞式といえば世界中に映像が配信されます。世界の人々が原爆の非人道性を被害者から直接、知ることになるのです。特別なことだと思います。サーロー節子さんの言葉はどれも珠玉ですが中でも「その後の数週間、数カ月間、数年間にわたって、放射線の後遺症により予測もつかないような不可解な形で何千もの人々が亡くなりました。今日に至ってもなお、放射線は人々の命を奪っています。(東京新聞TOKYOWebより)」と被爆の影響が今なお続いていることを伝えたことは大きな意味があると思います。

サーロー節子さんの演説全文はネットにもあがっていますし、新聞にも全文が掲載されています。とても素晴らしい内容ですので、ぜひぜひご覧になっていただきたいと思います。

 

 

|

« 科学技術と社会倫理の関係を考える~科学技術社会論学会に行きました。 | トップページ | 2017年を振り返って »

イトウソノミの雑感」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400359/72440736

この記事へのトラックバック一覧です: サーロー節子さんの演説:

« 科学技術と社会倫理の関係を考える~科学技術社会論学会に行きました。 | トップページ | 2017年を振り返って »