« 被爆二世裁判が行われています | トップページ | サーロー節子さんの演説 »

2017年11月30日 (木)

科学技術と社会倫理の関係を考える~科学技術社会論学会に行きました。

福岡の九州大学で開催された科学技術社会論学会の研究大会に1126日に行ってきました。科学技術社会論とは科学技術の専門家と一般市民の仲立ちをするための専門家の研究です。科学技術の非専門家である一般市民を社会としているため社会という言葉がついています。「科学技術社会論学会」はあるメーリングリストで知りました。なぜ私が関心を持ったのかというと、被爆二世裁判で争われている「科学的」という意味をどのように考えたらいいのかを知るためでした。学問自体に対し何も分からない私がどこまで理解できたかは不安ですが、私なりに感じたことを書き留めてみます。理解の仕方に間違いがあれば教えていただければと思います。

科学技術の専門家と一般市民の仲立ちをするための研究とは具体的にどのようなものなのでしょうか。私が参加したセッションは主に放射線関連のテーマでしたので、発表された内容からご紹介します。ある発表では高レベル放射性廃棄物処分問題に関して、シンポジウムを開催し推進派と否定派両方の議論を提示し両方が共有できる「事実」を整理していました。このグループが行っているシンポジウムは福島第一原発事故前から行われているもので事故の年は開催されませんでしたが、翌年からは再開されています。もちろん一般市民の参加も可能です。現在は両議論の見解を併記した資料の作成を行っています。

また科学技術を知らない一般市民が公表された科学技術に対してどう捉えたらいいいのかという発表もありました。公害や被曝といった問題に対し、公表された科学に問題点がないか構造的な部分から研究していくというものです。具体的には研究の不正や、企業といった特定の立場に有利になるような操作など「科学のねじ曲げ」があることを考えなければいけないということです。これまで日本では水俣病やソリブジン事件(臨床実験段階から問題視されていたにも関わらず発売され死亡事故が起きた薬害事件)などが度々起きていました。こうした事件の原因が「科学のねじ曲げ」にあるというのです。

201112月に本学会が開催された際、発表では科学批判の必要性、科学技術社会論学教育の必要性が話されていたようです。科学技術社会論学の教育がどこまで普及しているのかは分かりませんが、私自身このたびの学会の発表を聞かせていただき、論理的な科学批判の目を持つことの必要性と重要性を実感しました。直接、命に結びつくことだからです。とはいっても私たち一般人は科学を批判的に見たくてもその術を持つことは容易いことではありません。科学技術と一般人を仲介する科学技術社会論学がもっと注目を浴びてもいいのではないかと感じましたし、もっと本学問が一般社会に浸透してほしいと思いました。

 

 

|

« 被爆二世裁判が行われています | トップページ | サーロー節子さんの演説 »

イトウソノミの雑感」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400359/72340931

この記事へのトラックバック一覧です: 科学技術と社会倫理の関係を考える~科学技術社会論学会に行きました。:

« 被爆二世裁判が行われています | トップページ | サーロー節子さんの演説 »