« 今年の8月6日の過ごし方 | トップページ | 9月8日 »

2017年8月31日 (木)

この頃、感じること。

 最近、なぜと感じることがありました。まず7月に開催されたノーモア南京展に日本のマスコミの取材がほとんど来なかったということです。広島市内の被爆建物で7月14日から23日までという長い展示期間で開催され、中国から南京大虐殺幸存者の娘さんや南京抗日戦争博物館館長らが来広し、被爆二世や南京戦に参戦した兵士の息子さんの貴重なお話しがあったのにもかかわらず、取材がなかったというのです。中国のマスコミはネットで生配信を行ったり、国営テレビの放送も行われました。日本のマスコミには事前に記者会見までしたようなのですが関心が薄かったようです。結局、最終日過ぎても新聞などで記事として目にすることはありませんでした。中国のマスコミとの差はどこで生まれたのでしょうか。広島の南京展の入場者は約1000人来たといいますから、一般の方の関心も決して低くはなかったと思うのですが・・・。ちなみに中国のネットニュースは何万人もの視聴があったようです。

 2つ目はある団体の韓国旅行の企画が中止になったということです。どういうことかというと、韓国旅行企画の中で慰安婦ハルモニに会う時間を設けたために、旅行会社が取り扱いを辞退したというのです。当初の辞退理由は「政治的中立が保てない」というものでした。この団体は日韓で歴史の教材を作成し、毎年のように韓国に学習に行っていました。韓国旅行は当然、政治的な意図はなく、あくまで学習の一環です。このハルモニに会う時間がなければ旅行会社の辞退はなかったようです。なぜハルモニに会うと政治的になるのでしょうか。

歴史を知るには当事者に会うのが一番ですが、一般人が当事者に会うことは簡単ではありません。ましてや72年以上前の戦争時を生きた方の証言を聞く機会はこれからますます少なくなってきます。南京展にしても韓国旅行にしても、市民団体が長い時間をかけて当事者たちと交流し、人間関係を作り上げたうえで企画したものです。今を逃すとできない内容です。歴史を知る企画が政治的だと感じるのはどういうことなのか不思議でなりません。歴史の真実や事実を見極めるのは、とても難しいことです。だからこそ現地で感じたり、当事者の方と会い話をお聞きしその時の思いを知ることが重要です。見ると聞くとでは大違いだったということは、自分自身の実感としてあるのです。歴史を知る機会が私たちの知らないところで失われていたなどということがないように、私たちは気を配らなければいけないと思います。

 

|

« 今年の8月6日の過ごし方 | トップページ | 9月8日 »

イトウソノミの雑感」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/400359/71577238

この記事へのトラックバック一覧です: この頃、感じること。:

« 今年の8月6日の過ごし方 | トップページ | 9月8日 »